子供のお茶碗デビューっていつから?【焦らずにやっていきましょう】

主夫 育児

こんにちは、Junです。

【子供のお茶碗デビューっていつからだろう?】

こんな悩みを持ったことありますか?

結論からすると、お茶碗デビューとは言っても、それはお子さんのタイミングによって様々であり、明確にいつまでにお茶碗にしましょうという決まりは当然ありませんし、私がどうこういう話ではありません。

しかし、我が家では長男が5歳にしてお茶碗デビューを果たしたのですが、それまでずっとお茶碗を使わず(使ってくれず)

「周りに比べて遅すぎなのではないだろうか?」

というような悩みを抱えていました。

今回は、もし同じような悩みを持っている方がいらっしゃったらと思い、私の体験を記事にさせて頂きます。

ワンプレートからお茶碗へ


ということで、さっそくお茶碗デビューをしてみました。

これまでのワンプレートとは違い、「左手でお茶碗を持って、右手で箸を持って食べる。」大人であればごく普通のことですが、子供は左手がフリーになっていたり、片手だけでごはんを食べようとすることがあったり、ワンプレートのときにはなかった食器を倒すという現象も起きてしまいます。

大人でもちょっと間違えて倒してしまうことはあるので、食器を倒してしまうというのは仕方のないことではあるのですが、頻繁にこぼしてしまう事がなくなるように、普段からお茶碗を正しく持って食べるということをきちんと教えてあげてることが大切ですよね。

お茶碗は陶器?それともプラスチック?

お茶碗にも陶器とプラスチックのものがあります。

我が家では普段、ハイテーブルで食事をしているため、陶器の場合、落とすと割れる心配がありますが、逆にプラスチックの方が割れる心配はないので安心です。

お茶碗選びの際は、長男は普段からうまく食べることが出来ていたので、陶器にしましたが、次男はまだちょっと心配だったのでまずは練習ということでプラスチックにしました。

陶器であれば割ってしまうと破片が危険ということもありますので、まずはプラスチックのお茶碗で様子を見てみるのが良いかもしれませんね。

お茶碗にご飯粒が…

たまたまかもしれませんが、ワンプレートの時はご飯粒を残すことはあまりありませんでした。(気にならなかっただけ?)

しかし、陶器に変えたことでご飯は全部食べているのですが、ご飯粒を残すようになりました。

もちろん、わざとではないと思いますが、ここでそれで良しとしてしまうと、これから成長してもご飯粒を残すことが当たり前のようになってしまいかねない為、ご飯粒は一粒残さずにきちんと食べるように教えてあげるのが大切だと思います。

私がどうしても、お茶碗にご飯粒が残っているのが嫌なので、そこは徹底していきます。

子供のお茶碗デビューっていつから?【まとめ】


結論として、お子様のタイミングで大丈夫だと思います。


さすがに10歳になってもワンプレートだと遅すぎかもしれませんが、3歳~4歳くらいまでならワンプレートでも問題ないと思います。

お子様がお箸を使うことに慣れてきたら、移行するタイミングかもしれません。

我が家では次男が3歳を終えるころにようやく箸を使えるようになったのでお茶碗に移行することにしました。

お箸を使えるようになるあたりもお茶碗移行の目安の一つだと思いますが、今回の記事はあくまで我が家の体験談であり、お茶碗を使う年齢について特に決まりはないので、お子様のペースにあわせてあげるのが一番良いと思います。

編集後記

お茶碗は100均で買いました。

というのもまだ使い始めなので、落として割るということもある可能性がありますので、もうちょっと使い慣れたらちゃんとした物を買ってあげようと思っています。

ちなみに、大人の私のお茶碗も100均ですw
十分すぎて特に買いかえる必要もなしw

箸の持ち方、長男は簡単に持ててしまい、親としては楽だったけど、次男は苦戦。

ちなみに私はいまだに箸をまともに持てない。

教える資格なしw!