犬って汗かくの?どこから?【体温調節を手伝ってあげよう】

ペット
この記事は約3分で読めます。

いよいよ夏がやってきました。

犬を庭に出したら暑くて室内に逃げて行きましたよ。

私もちょっと外に出ただけで汗だくです。

人は汗をかいて体温調節が出来ますが、犬ってそもそも汗かくの?
全身毛皮だけし、暑くて汗をかくのでは?

そんな犬の体温調節方法についてお話いたします。

 

 

 

犬の体温調節方法

かかないわけではない
人間と同じように、犬にも肉球に汗腺(皮膚にある汗を分泌する腺)があるのですが、皮膚から汗をかいて体温調節をする人間と違い、肉球だけでは体温調節をすることは出来ません。

どうやって体温調節をしているのか
「ハァハァ」と口を開けて息をしているときがあります。
まさにそれが犬の体温調節の方法なのです。
夏でなくても思いっきり走ったあとにもこういう息をしていますよね。

 

体を冷やしてあげよう

このように体温調節が苦手な犬ですので、夏場はとくに体温調節に気を付けてあげることが重要となります。

フローリングやタイル張りのスペースの利用
床がフローリングやタイル張りのスペースは冷たく、ペットが伏せをしながらお腹を冷やすことが出来るので、喜んでくれる場所でしょう。

ちなみに、タイル張りの方が冷えると思います。

ステンレス製の板の設置
フローリングやタイル張りと同様に、ステンレス製の板のようなものも、お腹を冷やすことが出来るので、ペットのスペースにおいてあげると良いかもしれません。

ペットショップで売っています。

扇風機をあててあげる
上記の2つはお腹から冷やすものですので、背中を冷やす効果はありません。
(お腹を上にして大股開きで寝ているときはありますが…笑)

上から冷やすものは扇風機が最適です。

首振りは有効にしておきましょう。

ハイブリッドに冷やしてあげる
お腹は床からの低温、背中には扇風機からの風を同時に当ててあげるのが最も効率が良い方法だと思います。

エアコンの利用
電気代がかかるというデメリットはありますが、基本的にはエアコンのつけっぱなしをオススメします。

冷えすぎはダメなので27度くらいの設定が人も犬も過ごしやすい温度ではないかと思います。

ゲージをエアコンの風が直接あたらないところに移動してあげましょう。

放し飼いの場合はいつもワンちゃんが使っているクッションなどを風のあたらないところに移動してあげましょう。

また、外出時はエアコンをつけて出掛けるとベストです。

 

犬の体温調節のまとめ

犬を飼っていると、いろいろな心配事がありますよね。

病気もそうですし、夏の室温の調整も悩みの一つです。

出かけるにしてもエアコンなし、扇風機なしではワンちゃんも辛いですよね。

人間と同様に、脱水症状や熱中症の心配も出てきますので、お出かけの際は、必ず室温には気を付けてあげてくださいね。

 

 

編集後記

梅雨があけて一気に気温が上昇しました。

長い梅雨でジメジメな日々も辛かったですが、カンカン照りの日々も辛いですよね。

仕方ない事ですが、これからしばらく続くということを考えると辛い部分もありますが、熱中症対策も万全にして生活していきたいと思います。

エアコンの稼働時間が一気に増えて、電気代がちょっと心配ですね(笑)

コメント

  1. […] へばります。毛皮をまとってますから余計に熱いですよね。何回か前の記事に【犬って汗かくの?どこから?】という内容のことを書かせて頂きました。よろしければそちらも是非見て頂 […]

タイトルとURLをコピーしました