助手席にチャイルドシート、ジュニアシート有か無か?

子育て

こんにちは。

子供を車に乗せる際、チャイルドシート、ジュニアシートの設置が義務付けられています。 

それらを設置する際、後部座席に設置していますか?
それとも助手席に設置していますか?

基本的に後部座席に設置するイメージがあるの人も結構いるのではないでしょか。

少し危険なイメージの助手席には設置して良いものなのか?

実際は、正しい設置方法で設置する場合は助手席でもOKです。

 

 

チャイルドシート、
ジュニアシートの卒業時期は?

そもそもチャイルドシート及び、ジュニアシートはいつまで使用しなければならないのか?

まず、6歳未満の子供が車に乗る際には設置しなければならないことは法律で決められています。

ただ、6歳と言っても、まだ身長もそれほど伸びていないと思いますので、これらの補助シートなしでは、恐らく、シートベルトをきちんと締める事が出来ないのではないでしょうか。

そういう危険性もありますので、ある程度大きくなるまではジュニアシートを使い続けた方が良いですね。

10歳くらいまで対応しているジュニアシートも売っているくらいですから、メーカーも推奨しているということでしょう。

ちなみにシートベルトを正しく着用するには身長140cm以上が基準です。

6歳で140cmって相当デカいよね。

ちなみに私は身長が140cmを超えたのが中学校1年の途中ぐらいのチビ族でしたので、中学生までジュニアシートに乗らなきゃいけない計算になりますね(笑)

 

子供を助手席に乗せる危険性

助手席にチャイルドシートはありか?



そもそも助手席にチャイルドシートを設置して良いのか?
というところなんですが、これはOKなパターンとダメなパターンがあります。

助手席のチャイルドシートの設置は、子供が危険だからというところではなく、事故の際に「エアバックが作動する」というところが焦点になってきます。

チャイルドシートは基本的に進行方向とは逆向きにするのが一般的です。

しかし、この逆向きにしたことによって助手席のエアバックが作動した際に、チャイルドシートを圧迫し、子供に大けがをさせてしまう恐れがあるからなのです。

チャイルドシートを設置してはダメという法律はありませんので、止む負えず、助手席にチャイルドシートを設置する際は、前向きにし、且つ、座席は出来る限り一番後ろまで下げるようにしましょう。

どうしてもという人はいないと思いますが、どうしても後ろ向きで乗せたいという場合は、エアバック作動のONOFF機能がついている車を乗るようにしましょう。

昔の車にはエアバックなんて付いてませんからね。

 

助手席にジュニアシートはありか?



チャイルドシートの「エアバックが作動する」というところが焦点だとすると、ジュニアシートは見ればわかるように、エアバックの作動に影響を及ぼさない為、全く問題ありません。

チャイルドシートに比べると、格段にジュニアシートの方が軽く、移動もしやすいので、比較的、柔軟に席の移動が出来ます。

家族ではない誰かを乗せるときに、席替えをしないといけないことってありますよね。そういうときには楽ですね。ウチは3歳くらいからジュニアシートに変えました。

 

まとめ:安全なカーライフを



いかがでしたでしょうか?

理想的な形としては親が運転席と助手席に座り、子供たちは後部座席というのが一番良い形と思います。

しかし、事故の際に正面から衝突すれば後部座席は比較的安全と言えるでしょう。

でも、サイドやバックからの衝突の場合は逆に後部座席も危険になってきます。

後部座席にはエアバックは存在しないので、なおさら危険な気がします。

残念なまとめになってしまいますが、正直なところ、安全な席なんてないのかな?という印象もあります。

運転する方は、ちょっとしたことでも事故が起きないよう、周りには良く注意して頂き、お子様たちと楽しいドライブにお出かけください。

 

編集後記

自分が子供の頃にチャイルドシートとかジュニアシートとかを使って車に乗っていたか?と聞かれるとそんな記憶はありません。

いつからそんな法律が出来たのか調べてみると、2000年4月1日から義務付けされたそうです。

私が免許を取った年ですね。

授業でチャイルドシートの話なんかあったかなぁ。