子供の添い寝、いつまで続けますか?【寝かせてみたけどまだ早かった話】

子育て

子供の添い寝、いつまで続けますか?

5歳と3歳の息子が添い寝をしないとまだ寝れません。

私にとっては、「パパ一緒に寝よ」と言ってくれるのは非常に嬉しいのですが、「たまには一人で寝たい」なんて思ったりします。

しかし、子供と寝ることが出来るのは、あと数年しかないということを頭に入れながら、一緒に寝るようにしています。

 

 

最も多い添い寝の年齢

小学校低学年(6歳から8歳くらい?)ぐらいまで添い寝をするという子が最も多いようです。それに次いで高学年(10歳から12歳)だそうです。

だいたい小学生のうちに添い寝を卒業するような感じですね。

そう考えると、ウチの上の子は早くてあと1年なので、意外とあっという間に過ぎそうな時間でビックリです。

今の時間を大事にしなきゃと思う今日この頃。

 

突然、一人で寝る

何かのキッカケで、一人で寝ることが出来るようになるかもしれません。

自分の部屋を手に入れたとか、ベットを購入してもらったというようなことがキッカケで、難なく一人で寝れてしまうということあるようです。

これが一番理想なんだけどなぁ。

 

一人で寝るのは怖い

先ほどの話と少し重複してしまいますが、小学生になると、自分の部屋を持つようになり、机やベットを購入しますよね?

しかし、嬉しくてウキウキで一人で寝てはみたものの、暗い部屋に一人が怖くて、結局、親の寝ている部屋にやってきて一緒に寝るみたいなことってありますよね?

そういった暗くて怖いといった恐怖により、なかなか添い寝を卒業できなかったりします。

不安を払拭してあげられるようにすれば、一人で寝ることが出来るようになるのではないでしょうか?

例えば、BGMをつけてみるとかね。

 

恥ずかしくなって寝なくなる

私もそうだったのですが、小学校高学年くらいになり、周りの友達の話を聞いていると、もう一人で寝ているということを耳にするようになってきます。

「あれ?自分、まだ親と寝てる…」

「周りは一人で寝てるのに自分が親と…」

なんていう思いがドンドン強くなってきて、「おまえまだ親と寝てんの?」と言われるんじゃないかと恥ずかしくなって友達には言えなくなってしまいました。

時にはまだ親と一緒に寝ているにもかかわらず、「一人で寝てる」なんていう嘘をついてしまうこともありました。

そういうのが恥ずかしくて耐えられなくなり、卒業したというようなケースは私だけではないハズ。

 

兄弟で寝る日を作ってみたけれど

兄弟がいる家庭では、兄弟同士で寝ることが出来れば、比較的早く、添い寝を卒業することが出来るのではないかと思い、我が家では、試験的に兄弟だけでベットに行かせてみました。

気が付いたらもう遊んじゃって遊んじゃって(汗)

とてもじゃないけど、就寝の状態にならなかったので、断念しました。

時期がまだ早かったのかもしれません。小学生になってくらいかなぁ?と思いました。

 

まとめ

どのみち、大人になっても添い寝なんてすることはないので、子供と添い寝が出来るのはあと数年だということを思いながら、一緒に寝るようにしましょう。

どれくらいで添い寝を卒業するべきかという基準も分からずに、親の勝手な判断で早く自立させなければと思い、私は5歳と3歳の兄弟を二人で寝かせようとして断念しました。

小さいうちからすぐに一人で寝れてしまう子もいれば、小学校高学年ぐらいまで添い寝をする子もいます。

結局は子供のペースがあると思いますので、トイレトレーニングとかでもそうですが、ペースにあわせてあげるのが一番良いという結論に達しました。

今はまだ、子供たちに蹴られながら毎日、一緒に寝ていますよ(笑)
子供たちがもうちょっと大きくなって、具体的に一人で寝れるようになったら、この記事を書き直すか、新たに書きたいと思います。

 

編集後記

自分がいつまで添い寝をしていたのか、全く覚えていませんが、小学校高学年ぐらいまでは親と一緒に寝ていた記憶があります。
やっぱり、周りの友達は一人で寝てるのに自分は親と寝ているのが恥ずかしくなって一人で寝るようになった記憶がありますね。