子供の兄弟喧嘩が起きたとき、それは止めるべきなのか?

子育て

近頃、4歳と3歳の息子が良く兄弟喧嘩をしています。
あまりにも酷ければ当然、止めるのだろうけど、

そこまで酷くない小さな喧嘩は止めるべきなのか?

子供には子供の世界があるから親は介入すべきではないのか?

一人っ子の親が直面する子供の兄弟喧嘩の対応について、
今回は、お話ししたいと思います。
(対象は4歳と3歳の息子です。)

 

喧嘩の起きる原因

子供のことを観察していると、
原因は本当に些細なことから始まります。

だいたいがおもちゃを取ったとか、
そんなところから始まりますね。

すぐ落ち着く場合もあれば、
そのままヒートアップすることもあります。

チクる

負けそうになった方は、
必ず親のところに言いに来ます。

「〇〇がおもちゃ取った」とか、
「〇〇がテレビ見せてくれない」等、

いわゆるチクリってやつですね。

これが原因でまた喧嘩をヒートアップさせます。

 

お互いの主張を聞いてあげる

ヒートアップしてしまったら親の出番です。
まずはお互いの主張を聞く。

「何をそんなくだらないことで喧嘩してるんだ…?」
と思ったりしてしまうこともあったりしますが、

そこはきちんとお互いの主張を聞いてあげることが大切です。

どちらかの意見を一方的に聞くのはNG。
そういうことが続けば、
子供は親に対して「わかってくれない」と思うようになり、

親子関係にヒビが入るそうです。
自分が子供の立場でもそう思うと思います。

お互いの主張を聞いてあげることによって、
喧嘩も酷くならなくて済むことも多くなってくると思います。

 

小さな喧嘩には介入しない

小さな喧嘩にはあまり介入しないようにしています。
すべての喧嘩に関わってしまうと、
喧嘩から学べることに気が付けないのではないかと思うからです。

3歳の息子がワガママを言えば、
4歳の息子が我慢して譲ってくれることもあるし、
その逆のパターンもあります。

そういったことで譲り合う気持ち、
思いやりの心が、今後の人生で
役に立つことになるんだろうなと見ていて思います。

 

結論

私自身は、一人っ子で兄弟がおりません。
当然、兄弟喧嘩もしたことがありません。

経験のない、兄弟喧嘩という光景に驚いている毎日です。

大きい喧嘩から小さい喧嘩まで、
こんなにも毎日、喧嘩するものなのかと。

今はコロナの影響で保育園に通っていないので、
家にいることが多く余計そう感じるのかもしれません。

私は喧嘩する相手がいないので、
何でも全て独り占め。自由に平和に過ごしてきたかもしれませんが、
思いやりに欠ける部分は正直なところあります。

自分でも自覚しています。

そういった部分で、妻から注意されることもありますよ(笑)

なので、子供のどちらかが我慢をして、
譲り合っている姿なんかを見ていると、
正直、羨ましくも思います。

兄弟って良いなぁって。

必ずしも喧嘩がダメというわけではなくて、
喧嘩することによって学ぶこともあり、
今後の人生において人のことを思いやれる気持ち等を

身につけるうえでは、良いことなのかと思いました。

幸い、まだ殴ったり蹴ったりするような
暴力的な喧嘩は見られませんが、そういう傾向が出てきたら、
それはそれでまた対応の仕方を考えなければなりませんね。