意外と学ぶことが多い職業訓練校での体験談

etc...

はじめに

まず始めに言っておきますが、

職業訓練校は、再就職にすごく有利かっていうとそんなことはありません。

あくまでキッカケにしかすぎません。

しかし、私はここで多くのことを学びましたので

行っただけ無駄だったとは思わなかったですし

むしろ行って良かったと思います。

今回は、こちらをお話していきたいと思います。

職業訓練校の種類

職業訓練校は、公共の職業訓練校、民間委託の職業訓練校があり

私は公共の方に通っておりましたので、そちらについてお話したいと思います。

どんなコースがあるかはハローワークにパンフレットが置いてありますので

そちらを見るか、ホームページ等で調べてみてください。

コースによって入校時期が違いますので、ご注意下さい。
(*申し込みには求職登録をしている必要があります。)

見学に行く

コースが決まったら、見学に行きましょう。

開催日時が決まっておりますのでパンフレット等で確認してください。

現在、失業(雇用)保険受給中の方は1回の求職活動とみなされます
(→失業(雇用)保険についてはこちらをご覧ください。)

受験(選考)

選考は筆記試験と面接です。

面接のみの場合もあります。私の場合は面接のみでした。

面接における質疑内容としては

「なぜ、このコースを選んだか」

「どんな企業に就職したいか」

「就職した後の希望年収」

なんかを聞かれた記憶があります。

就職活動時の面接時における質問と似たような感じですね。

倍率は専攻する科によって違う

倍率はコースによって結構違いがあります。

公共の訓練校に応募する以前に

民間の訓練校(プログラミングコース)を受験したことがあるのですが

倍率が高すぎて、面接で落ちました。
(倍率のせいにしてる?)

別コースで受かった際には

まさかの定員割れで、受験者全員合格でした。

そんな例もありますよ。

授業について

基本的に授業は学校と同じです。

最初は基本的に座学です。

そこから徐々に実習に移っていくという感じになります。

専攻のコースによって内容は変わってくると思いますが

私は結構、実習が多かったイメージです。

就職支援

求職者の学校だけあって

授業にも就職に関するカリキュラムが組まれていますので

就職については手厚く指導してくれます。

非常にありがたい学校です。

ただ、受講生の前で面接の練習したりとか

ちょっと恥ずかしいことをしなければいけない授業もありましたが

他人の面接の状況を見る良い機会でした。

企業実習

専攻コースにもよるかと思いますが

私が通っていたコースには企業実習というカリキュラムが組まれており

カリキュラム修了間際の1か月間、企業実習に行かせてもらいました。

授業でやってきたことを業務で活かすことが出来るチャンスですので

復習のつもりで取り組みましょう。

尚、実習の為、当然ですが給料は出ません。

余談ですが、私は中目黒にある企業に実習へ行ったので

昼休みに東京のランチを楽しめたのが良き思い出です(笑)

失業保険の給付期間が延長になる。

失業(雇用)保険受給者は、職業訓練校に入校すると

通常の給付期間の制限が解除され、受給期間が延長されます。

延長期間は訓練修了までです。

交通費、受講手当(昼食代)が出る

これは余談ですが、交通費と昼食代も出ます。

受講手当は確か、1日500円だったかな?

非常にありがたい手当でした。

認定日について

訓練校に通っている期間は、訓練校が認定日の手続きを行ってくれる為

ハローワークへ手続きに行く必要はなくなります。

まとめ

何かと手厚い待遇を受けることが出来る職業訓練校ですが

その分、学ぶことが多かったなと思います。

結果として、訓練修了時に就職は出来ませんでしたが

修了後も就職支援・相談には乗ってくださり

結果として、その後、無事に就職することが出来ました。

また、ここでは、幅広い年齢層の方々と同じクラスになったりしますので

訓練以外の面でも色んな話が聞けて良い勉強になったりしますよ。

私の体験が何かのお役に立てれば幸いです。