犬の散歩、冬は防寒対策をしてあげよう【寒いのは犬も同じです】

犬の話
この記事は約3分で読めます。
Jutty
Jutty

みなさん、こんにちは。

ジュッティーです。

寒い…寒い…寒い…

朝の冷え込みがだいぶ強くなってきましたね。
朝、布団から出るのも一苦労。

でも犬の散歩に出かけなければいけないので、頑張って早く起きています。
犬を抱えて玄関から一歩外に出てみれば寒い…とにかく寒いです。

そんなとき、私は着込めば寒さは問題ありませんが、犬はどうでしょうか。

毛皮をまとってるとはいえ、さすがに寒いのではないでしょうか。
今日は、これから冬がやってくることによる犬の防寒対策についてのお話をしたいと思います。

散歩の時間帯について考える


犬の散歩の時間は、朝と夕方という方が多いのではないでしょうか。

うちの場合は、生活環境的な問題から朝と夜にしかいけません。

とくに寒い時間帯に行かなければならないので、防寒対策には注意が必要です。

散歩時の防寒対策


散歩の際にはどのような対策があるか。

答えは簡単です。

我々、人間と同じように服を着せてあげればいいのです。

いろんなデザインの服があるので、ペットショップやネットでワンちゃんにあった最高の服を探してみて下さいね。

身体だけじゃない足の防寒対策

歩く際、アスファルトも冷えているので、靴下なんかも一緒に装備させてあげれば尚良ですね。

私が住んでいるところは雪が積もることがそれほどないので、あまり気にしたことはありませんが、雪が積もったあとの散歩でも靴下は活躍してくれるはずです。

靴下は夏の熱い路面にも使えるので、持っていて損はないですよね。
夏のアスファルトについての記事は↓こちら↓

犬の気持ちになってアスファルトの温度を体感してみた。【肉球火傷に注意】
暑いですね。外に立っているだけで汗が噴き出てきます。アスファルトの温度って気にしたことありますか?犬を散歩に連れて行くとき、靴を履かせてあげていますか?靴を履いてない場合は、アスファルトの温度がダイレクトに肉球にいきます。では、実際にアス...

散歩後にも気づかう優しさ


防寒対策をして散歩に出たとしても、外が寒いことは変わりありません。
部屋が暖かくても床が冷たければ身体は冷えてしまうものです。

しかも冷気は床にたまりやすく、床がフローリングであれば床も結構冷たくなります。

放し飼いにされている方は、マットをひいてあげるなどの対策が必要です。
理想は床暖房がオススメです。

床も温める上に部屋も暖めてくれるので、犬も人も温まることが出来て一石二鳥ですね。

ゲージに入れていたとしても、床は温かくする必要があります。

犬の散歩、冬は防寒対策をしてあげよう【まとめ】


犬は毛皮をまとってるから大丈夫じゃない?と昔は思ってました。
確かに人と比べたら温かいのかもしれませんが、それでも寒いものは寒いのです。

冬は布団にくるまって寝ている姿も良く見ます。

そんな姿を見ると、やっぱり散歩中でも寒いんだろうなと思いますね。
だからこそ、防寒対策をしっかりしてあげて、ワンちゃんと一緒に寒い冬を乗り切りましょう。

編集後記

Jutty
Jutty

犬が寒いということは抜きにして、布団にくるまって寝る姿ってめちゃくちゃ可愛くないですか?

タイトルとURLをコピーしました