子供の成長にも影響する朝食の重要性【パン派?ごはん派?】

子育て 育児

Jutty
Jutty

みなさん、こんにちは。

ジュッティーです。

毎朝、朝食は食べていますか?
パンを食べていますか?
それともごはんを食べていますか?

我が家はパンが比較的多いのですが、朝はやることが多く、且つ時間がないこともあり、過去にパンだけという日もありました。
朝食にパンだけを食べたことによって脳の働きが完全に良くなったか?と言われるとそういうわけでもないです。

今日は子育てにおける朝食の重要性についてお話していきたいと思います。

朝食がパンの場合


ドラマとか漫画とかで、寝坊した朝、パンをくわえながら急いで家を出ていくシーンってみたことありませんか?
何か食べていかなきゃ!という感じでくわえて家を出て行くのだと思うのですが、先ほどお話したように、朝食にパン食べたからと言って、脳の働きが完全に良くなるわけではありません。

やはり、朝食にはおかずも必要になってくるのです。

パンの日であれば目玉焼きやサラダが良いのではないでしょうか。
おかずの数が多ければ多いほど良いのですが、さすがにそれは難しいと思うので、最低でもパンと目玉焼き、サラダくらいは食べるのが理想です。

朝食がごはんの場合


ごはんを食べることによって血糖値の上昇をパンよりも抑えることが出来るため、朝食にはごはんを食べるのが良いのですが、それでもごはんだけというのは良くありません。

パンと同様に、脳の働きが完全には良くなりません。
やはり、こちらもおかずが必要になってきます。

旅館の朝ごはんの定番として、ごはん、味噌汁、魚は必ず出てきますよね。
朝食にこの3点セットがあればバッチリです。

朝から魚とか超めんどくさいと思うかもしれません。
それなら、ししゃもはどうでしょうか?
フライパンにクッキングシートをひいて焼くだけです。

味噌汁は前日の夕飯で多めに作っておけば朝も流用できますね。

血糖値の存在からみるパンかごはんか

では、パンとごはんでは、どちらを食べるのが良いかということを考えてみます。

身体のことを考えると、重要になってくるのは血糖値なので、血糖値の面から考えるとごはんの方が、急激な血糖値上昇を抑えてくれるので、どちらかと言うと、ごはんの方が良いのではないでしょうか。

どうしてもパンを食べたいというのであれば、普通の食パンだと血糖値が急激に上昇してしまうこともあり、血糖値の上昇を抑える全粒粉パンや、ライ麦パンを食べるようにすると良いでしょう。

朝食は子供の成長に影響を及ぼす

朝食を毎日取るということは、子供の成長にも影響します。
毎日朝食をとるという子は学力が上昇するというデータもあります。

当然のことながら、学力のみならず、運動能力にも影響をしますので、子供がどういう道に進んで行くか今はまだわからないかもしれませんが、どんな道を進むにしても朝食は必ず取るということが、重要になります。

毎朝、朝食を食べていたとしても、パンだけ、ごはんだけではなく栄養もきちんと取るようにしていくことで、子供の成長をアシストしてあげましょう。

子供の成長にも影響する朝食の重要性【まとめ】


結果として、脳の働きを完全にするには、一品ではなく、複数の栄養を取ることが大切です。

どちらが良いのかと聞かれると、正直、パンでもごはんでも好きな方を食べれば良いと思います。
ごはんばかりでも飽きると思いますし、たまにはパンだって食べたいですよね。

どちらにしてもパンorごはん+1~2品という考えで食べれば問題ないと思います。

当然、パンやごはんだけではなく、うどんやラーメン、朝マックだって食べることも時にはありますよ。

でも、頭の中には入れておいてください。
パン、ごはんだけではダメということ。そして、血糖値の存在を。

編集後記

Jutty
Jutty

我が家では毎朝かかせない朝食ですが、私は学生の頃、朝食はほとんど食べていませんでした。

そんな私が語るのもなんですが、朝食の重要性、朝食をちゃんと食べるという習慣づけはとても大事な事だと思います。

今は、朝食の大切さを知っているので毎朝きちんと食べていますが、子供には朝ごはんはちゃんと食べるものだということを教えてあげることが子育てする上では重要ですね。

うちもパンだけというはもうやめることにします。