今度の休みは子供と釣りに出掛けよう!【釣り堀がオススメです】

子育て 遊び

Jutty
Jutty

みなさん、こんにちは。

ジュッティーです。

子供と一緒に釣りはいかがでしょうか?

休日にお出かけしようとしても、どこも混んでいるのはないか?
コロナが心配だ…ということで、そんな中でもそれほど密にならない、且つ、混雑しないという条件で子供との遊び場を暇があれば探しています。

ということで、今回は、子供たちと釣りに行ってきたので、そのお話をしたいと思います。

海で釣るか、川で釣るか

密にならないようにするには、砂浜で投げ釣り、川で渓流釣りではないかと思ったのですが、子供にいきなり海や川に連れて行っても釣れないこともあると思うので、面白くないですよね。

むしろ、海や川の水を掛け合ったりとか、釣りではなく他の遊びをしてしまいそうです。

それはそれで良いのかもしれませんが、今回の目的は子供に釣りをさせてあげたかったので、行くのはやめました。

釣り堀がオススメ


海でもなく、川でもなければ、じゃあ、どこで釣りを楽しめば良いのでしょうか?

そうです、みなさん、ご存じの釣り堀です。
若干、密になりそうなイメージがありますが、今は、隣との間を取るようにされているので問題はありません。

魚のいる範囲が限定されているので、お子様にも釣りやすく楽しめる環境です。

釣れなければ退屈する

釣り堀は人生で1回くらいしか行った記憶がないのですが、意外と見えてる魚ほど釣れなかったりします。

餌を入れればすぐ食いついてくれるというわけでもないので、意外と難しい。
なかなか釣れない状況なので、5歳児、4歳児くらいだとすぐ飽きちゃいますね。

ジッと待つことは出来ません。

父は餌付けして終わる

釣り堀の魚は頭が良いのか、餌の付け方で食いついてくれなかったりするような気がします。

気が付いたら針に餌が付いてなかったなんてことも多々ありますよ。

その都度、餌を付けなおす必要があり、しょっちゅう餌を付けていた結果、私はほとんど釣りしていません笑

最後は塩焼きでいただきます


釣り堀の良い所はこれですね。
釣った魚をそのまま焼いてくれます。

自分の釣った魚、今まで生きていた魚を焼いて食べることの意味、どうして「いただきます」をするのかということを少しだけ子供たちに伝えてあげましょう。

最後に


あたりがなかなかなくて、途中で飽きてしまうとかはありましたが、最終的には家族分の魚を釣ることが出来て、塩焼きにして美味しく頂きました。

普段、家で魚を出してもあまり食べない子供たちですが、この塩焼きに関してはバクバク食べていました。
ちょっと退屈してしまうとかはあったりして楽しいという思いは持てなかったかもしれないけど、ちゃんと魚を食べてくれたということだけでも私としては嬉しかったです。

編集後記

10月に入り、気温も低くなり過ごしやすくなってきましたね。徐々に外出の機会も増えてくるのですが、それでもまだコロナ禍の中なので、気軽にお出かけするというわけにもいきません。そこで今回、密にならない場所を考えた結果、釣りに行くことにしました。