子供の1歳の誕生日は何をする?【写真・足形・ケーキ・一升餅】

子育て 育児

Jutty
Jutty

みなさん、こんにちは。

ジュッティーです。

突然ですが、本日、娘が1歳になります。

育児に追われて忙しく生活していると、あっという間の1年間ですよね。
我が家では、お宮参りやハーフバースデイ、そして今回の1歳の誕生日、節目節目には写真を撮りに行くようにしています。

ということで、今日は、1歳の誕生日には何をする?というお題でお話をさせて頂きたいと思います。

写真を撮る(思い出に残るものを)


うちの上のお兄ちゃん2人は、誕生日に何が欲しい?と聞くと、おもちゃと答えます。

しかし、まだ1歳の娘は、そんなのはわかるわけがなく、親が決めなければなりません。
おもちゃを買うよりは思い出に残した方が良いのではないか?という家族の思いから、我が家では写真を撮ることにしました。

これは上のお兄ちゃん2人も同じように撮ってます。

足形を取る

足のサイズはそのときでないと取れない物ですから、是非、取っておきたいものですよね。
自分で取って保存しておくのも良いと思います。

写真屋さんで写真撮影をお願いした際に足形をアルバムに載せてくれるサービスもあるので、そちらも利用してみてはいかがでしょうか。

手作りヨーグルトケーキ


ケーキ屋さんで売っている普通のデコレーションケーキは1歳ではまだ食べることはできません。
正確に言うと、砂糖が多く使用されていたり、お酒が使われていたりすることもあるので、赤ちゃんに与えるのは避けるべきでしょう。

そこで妻が作ったのがヨーグルトケーキです。

パンケーキを重ねてその上にヨーグルト(ベビーダノン等)を塗り、フルーツも盛って作るケーキで、簡単に作ることが出来ます。
せっかくの記念すべき第1回目の誕生日というのにケーキがないのは寂しいので、ヨーグルトケーキはいかがでしょうか。

一升餅


「一生食べ物に困らないように」「一生が健やかであるように」という願いを込めて行うお祝いです。

地域によってお祝い方法が異なりますが、一般的にはこの一升餅を背負うという方法が知られているのではないでしょうか。

他にも、お餅を踏んだりする地域もあるようです(九州地方)。

子供の1歳の誕生日は何をする?【まとめ】


いかがでしたでしょうか。
写真は一生残るものなので、節目節目で撮るのがオススメです。

最近はスマホで撮った写真のアルバムをネット上で作って、自宅に送付してもらうということも出来ますので、手軽にアルバムを作ることが出来ます。

また、昔ながらの手法で、写真を印刷して、アルバムに貼って行くというのも手作り感があって良いですよね。

■1歳の誕生日にしたことの一覧■

①1歳記念の写真を撮る

②足形を取る

③手作りのヨーグルトケーキを作る

④一升餅でお祝い

編集後記

Jutty
Jutty

上の2人のお兄ちゃんが1歳の誕生日はケーキを作っていませんでした。

普通にデコレーションケーキを買って「おめでとう!」って写真撮って、あとは親がケーキを貪り食うみたいな。

今思えばなかなか酷いことをしているなと。

ちゃんとお兄ちゃん2人にもヨーグルトケーキを作ってあげればよかったと今更ながら後悔しております。

俺って最低だ!